佐藤伸一研究グループ  東北大学学際科学フロンティア研究所(東北大学大学院生命科学研究科 活性分子動態分野内)

有機化学と生物学の二刀流で生命現象を解明・制御

佐藤伸一研究グループでは、有機化学と生物学の境界領域で、独自性・学際性の高い研究テーマを通じて生命現象の解明と創薬への展開を目標に研究を行っています。
特にタンパク質と合成低分子化合物の間に共有結合を形成させる
「タンパク質化学修飾技術」を基盤にケミカルバイオロジー、創薬研究を展開しています。

新着情報

  1. 長澤が第59回ペプチド討論会でポスター賞を受賞しました。
  2. Tyr修飾/His修飾の制御に関する論文が掲載されました。
  3. 中根が大津会議に参加しました。
  4. 中根が日本ケミカルバイオロジー学会優秀ポスター賞を受賞しました。
  5. 学生が日本薬学会第142年会で学生優秀発表賞を受賞しました。
  6. BODIPYを触媒として利用できるヒスチジン修飾の論文がアクセプトされました。
お知らせ一覧
PAGE TOP