佐藤伸一研究グループ  東北大学学際科学フロンティア研究所(東北大学大学院生命科学研究科 活性分子動態分野内)
総説・解説

総説・解説

(11) Tsushima M., Sato S., Nakane K., Nakamura H., Target protein identification on the photocatalyst-functionalized magnetic affinity beads. Current Protocols accepted (2020).

(10) Sato S., Nakamura H., Protein Chemical Labeling Using Biomimetic Radical Chemistry. Molecules 24, 3980 (2019).


(9) 佐藤伸一、 触媒的タンパク質チロシン残基の化学修飾法の開発と応用 Yakugaku Zasshi, 139, 1365-1375 (2019).


(8) 佐藤伸一、對馬理彦、中村浩之、タンパク質ケミカルラベリングにおける一電子移動反応の活用、有機合成化学協会誌, 77(特集号2019年5月号「ラジカル種の利用最前線―合成・物性・理論」), 463-471 (2019).

(7) Sato S., Tsushima M., Nakamura H., Target-Protein-Selective Inactivation and Labelling Using Oxidative Catalyst. Org. Biomol. Chem. 16, 6168-6179 (2018).

(6) Sato S., Tsushima M., Nakamura K., Nakamura H., Development and Application of Catalytic Tyrosine Modification. Yakugaku Zasshi, 138, 39-46 (2018).


(5) 佐藤伸一、MEDCHEM NEW 2018年8月号 MCN BOOKS紹介 pp143 (2018).


(4) 佐藤伸一、蛍光プローブの精密設計によるON/OFF制御とその応用、基礎から学ぶケミカルバイオロジー コラム、120-123 (2016).


(3) 佐藤伸一、中村浩之、タンパク質の部位特異的な機能修飾―N末端修飾法の開発、月刊「化学」、70 (10), 70-71, (2015).


(2) 佐藤伸一、新規クリック反応の発見を推進させる抗体検出スクリーニング、日本ケミカルバイオロジー学会機関誌「ケミカルバイオロジー」、7 (1), 11, (2014).


(1) 佐藤伸一、リバーシブルな共有結合で酵素を阻害、ファルマシア、50 (1), 70, (2014).

PAGE TOP