佐藤伸一研究グループ  東北大学学際科学フロンティア研究所(東北大学大学院生命科学研究科 活性分子動態分野内)
研究設備

研究設備

多くの機器は石川研の研究設備を共有使用させてもらっています。

他分野の研究室との学際的な共同研究を進めていますが、以下の充実した研究設備で、様々なアイデアの研究を自分たちで検証できる研究環境にあります。


マイクロ波合成装置
通常の加熱条件では進行しない有機合成反応や
効率的な合成を可能です。ペプチド固相合成にも使用します。

フラッシュ自動精製システム
有機化合物の分離精製を短時間化できます。

凍結乾燥機
合成化合物、合成ペプチドの溶媒除去に使用します。
水系溶媒、DMSOを除去します。

パーソナル有機合成装置
個別撹拌や液温での反応条件の検討が
効率にできます。

HPLC
化合物やペプチドの分離分析、精製ができます。

フーリエ変換赤外分光法
合成化合物の赤外線吸収スペクトルを
取得するために使います。

分光蛍光光度計
合成化合物、修飾タンパク質の詳細な蛍光特性を評価できます。

有機合成実験台
各学生に割り当てられてしようしています。

バイオ実験台
5,6名分のスペースを学生、スタッフでシェアして使ってます。

試薬庫
排気ダクトに直結しているので、
実験室の化合物の臭気はほとんどありません。

フリーザー、ディープリーザー
4℃、-20℃、-80℃の
冷蔵、冷凍サンプルをストックしています。

超純水装置
実験に使用する超純水が出ます。

クリーンベンチ
培養細胞実験に使用します。

遠心分離機
様々なサイズのサンプルの遠心分離ができます。

オートクレーブ
高圧滅菌ができます。

オールインワン蛍光顕微鏡
広い視野での蛍光イメージ取得ができます。
ウェルプレートでの定量解析もできます。

リアルタイムPCR装置
リアルタイムPCRに使います。
タンパク質のThermal Shift assayにも使えます。

超微量分光光度計
微量サンプルでの核酸、タンパク質の定量ができます。

転写装置
SDS-PAGEゲルからメンブレンへの転写は
7分以内で終わります。効率的な実験が可能です。

高感度ケミルミ/蛍光イメージャー
電気泳動後、ウエスタンブロット後の蛍光、発光を検出できます。

マルチプレートリーダー
プレートの蛍光、発光、吸光度を測定できます。

チューブミキサー
酵素反応や磁気ビーズの調製に作成します。

遠心エバポレーター
プロテオミクスサンプルの調製に使用しています。

これ以外にも、共通機器室(実験室1F に隣接)のESI-TOF MS, MALDI-TOF MS, NMR (600 MHz) を使用できる環境にあります。

PAGE TOP