東北大学学際科学フロンティア研究所
早瀬 元

巨視的な三次元構造材料(モノリス型多孔体)作製手法の開拓
2017年11月2日

マシュマロゲルを用いた断熱・液体窒素保持および簡易ドライシッパーへの応用を盛り込んだ論文をApplied Materials Todayから出しました。論文はこちら(12月21日まで無料)、プレプリントはこちらからダウンロードできます。

2017年09月11日

ChemRxivに透明なBNFクライオゲルに関する内容のプレプリント出しました。ダウンロードはこちらから。


研究

ゾル-ゲル法を用いて柔軟なモノリス型多孔体(乾燥体)を作製、界面制御に関する研究を行っています。
特に簡易作製手法の開拓に力を入れており、将来的にはロボットを用いた自動合成へ拡張予定です。
 

 
無機化学・有機-無機ハイブリッド・液相合成・ゾル-ゲル法・セラミックス・界面コロイド化学・多孔体・エアロゲル・マシュマロゲル・シリコーン・シルセスキオキサン・ナノファイバー・撥液性・分離媒体・断熱材・接着・コロイド
 
 

エアロゲル・クライオゲル

低かさ密度の各種多孔体やその複合材料。オリジナルのベーマイトナノファイバー(BNF)エアロゲルは高等学校教科書に掲載されます。

 
 

マシュマロゲル

オリジナルのシリコーン多孔体。小型ドライシッパーに用いるなど、応用研究を進めています。


連携

研究情報は詳細公開しており、すべてのサンプルは文献より再現可能です。
共同研究に興味がある方は悩まずご連絡ください。

大学・研究機関

材料に関するディスカッションや試料提供(原則無償)には喜んで協力させていただきます。少しでも気になることがあれば悩むよりまずはお気軽にご連絡ください。講演のお誘いもお待ちしております。

大学生・大学院生

見学の問い合わせや・質問など歓迎します。研究に関わってみたいなどの相談にも可能な限りで対応します。

 企業・営利団体

有償で対応します。共同研究契約や寄附金等ご検討ください。相談が必要な場合はご来訪いただくか、学会発表・講演の場に来ていただく形でお願いします。現在進行中の研究内容の問い合わせについては知財の関係上応じられません。サンプルは契約の下で提供します。

教育機関・博物館

授業で扱いたい、講演や展示したい、という場合はお気軽にご相談下さい。教育目的に関する資料やサンプルの無償提供の他、出張などにもできるだけ対応いたします。

メディア

取材する際にはメールまたは書面で事前通知をお願いします。限られた研究費・研究時間を費やすことになるため、掲載・放送を約束できない場合は対応しません(プレスリリース関係を除く)。誤った情報を防ぐため、掲載・放送前に要点をチェックさせていただきます。


装置

主な保有装置です。レンタルについてはご相談ください。
 

超臨界乾燥装置

山友技術 SYGLCP81

エアロゲル乾燥用。ヘキサンに溶媒交換したサンプル内部を、15 °Cで液化二酸化炭素に置換し、40 °C 10 MPaで超臨界乾燥。
 

凍結乾燥装置

EYELA FDU-1200

クライオゲル作製用。動作温度は室温もしくは+20度。ドライチャンバーDRC-2Lとセットで使用。ノズル付蓋FDU-TRAP型もデシケータと組み合わせて使用可。
 

小型卓上試験機

島津製作所 EZ-SX

圧縮試験(サイクル)に対応。500 Nゲージ・治具は一軸圧縮用(拡張予定)。
 

ボックス炉

ヤマト科学 FO100

小型プログラム電気炉。上限1200 °Cでサンプル焼結用
 

小型粘度計

デジタルB型粘度計 BASE L

立ち上げ準備中。